オデ吉くん日記(オデ吉3世購入記)
2000年6月
->

6月1日(木)
・・・今週の土曜日にオデ吉くん(2世)のOIL交換をしにディーラーへ行く予定です。
早いもんで、オデ吉くん2世を購入して、はや2年と6ヶ月が経とうとしてます。
今年、車検か・・・ホント、この歳になると時の経つのが早いもんですわ・・・
ま、金もないことだし・・・取りあえずはそれ程不満があるわけでもなく・・・もう暫くオデ吉くん2世とつき合ってみましょうかねぇ〜・・・
なんて、思っておりました。
−−−−−
いつもの如く月初めの忙しい時期なもので、夜中の11時過ぎに帰宅。
すると、玄関先にベルノさんの封筒が置いてあります。
・・・営業の佐藤氏(仮名)が留守の間にいらしたようです。
中を覗いてみると、見積書が数枚入っておりました。
ほぉ〜・・・この、金のない私めにまた車を買わすきなんかい? (笑) ・・・なぁ〜んて思いつつ、よくよくその見積を見てみると・・・
セイバー32V・・・(爆)
なんでセイバーなんぞを買わにゃならんのじゃ!!! ^^;
一緒に、V6オデッセイの見積も・・・
ん〜・・・事有る毎にV6にしときゃ良かった! なんぞと言っていたので、V6ばっかり持ってきたようですけど・・・さすがに、通勤車に3リッターは辛いような気がするんですけど・・・^^;
・・・かと言って、2年半しか乗ってないRA−3のオデッセイから、RA−6に買い替えるってのも意味が無いような気もしますけどね(笑) ・・・まっ、どちらにせよ買い替える金なんて無いんだってば(^^ゞ

6月2日(金)
買い替え気もなきゃ金もないんですけど・・・
何故か、家に帰るなり穴が開くほど見積書を眺めている私がここに・・・^^;

6月3日(土)
今日は、ベルノさんへ行ってきました!
オデ吉君のOIL交換ですがな(笑)
別に、商談をしに行った訳じゃないんです。
でも、V6オデッセイが有ったので、きっちり試乗して参りました。
乗った感想・・・
ん〜・・・ちょっと足が硬すぎかな? だけど、やっぱV6はいいっすわ(^^ゞ
出だしの瞬間は、4発の方が気持ち良いんですけどね・・・でも、ホントに瞬間だけ。 やっぱり3000ccトルク感スムーズさは気持ちよかですたい!
・・・とは、言った物の・・・4発2300ccと比べての話し。
3000ccにしては、トルクが薄いような気もするし・・・スムーズさも今ひとつ・・・と言う感じもしなくもないし・・・ん〜、なかなか判断が難しいですわ。
ま、基本的に私のような教習車からHONDA車に乗り続けている人間には、めちゃくちゃ良く感じるのは事実なんですけどね^^;

6月10日(土)
今日も、ベルノさん。
今週は一応商談しに行ったんですわ。
・・・なんとなく、買い換えモード突入??
でもねぇ〜、まだ2年半ですよ! 今のオデ吉くん。 やっぱり、もったいないよなぁ〜・・・
そうそう、肝心なオデ吉君の下取りですが・・・
査定額は、130万との事ですわ。 ま、こんなもんすかね・・・
(もうちょっと頑張りますよ・・・との事ですけど)
その辺のセダンだったらもっと悲惨なんでしょうね。
距離もこなしてるし、ディーラーでこの値段ならまあ、適当な所でしょうね。
買取屋に持っていけばもっと良い値段付けてくれるんでしょうけど・・・
面倒くさいから、どうでも良いですわ(笑)
取りあえず、おおまかな希望額を申し伝えまして・・・数枚見積を作成。
今月中に考えますわ」・・・と、お返事しておきました。
今月中に踏ん切りが付かなかったら、車検通しますから」・・・と、念押し(^^ゞ

6月11日(日)
ベルノさんからTEL。
白オデの下取りが凄い欲しいんですと^^;
・・・一応人気車ですからね。
と言うことで、下取り額上乗せのご呈示。
・・・ちょっと検討しまひょかね(^^ゞ

その後、10日間ほど・・・
相変わらず仕事が忙しく・・・買い換えモードもすっかり冷め切っちゃいました(^^ゞ

6月21日(月)
ベルノさんからTEL。
「その後、いかがでしょう??」なんて事申しております。
ん〜・・・買い換えモード冷め切ったこの私に、そんなことを申されましても・・・^^; 「まだ店長が、白オデの下取りがどうしても欲しいと申してるんですわ」なんて事申しております。
と言うことで、更に下取り額上乗せのご呈示。
・・・じゃ、取りあえず今月中に一回行きます・・・って事でお話を致しまして、本日は終了。

6月25日(日)
午後からベルノさんへ。
・・・取りあえず、買い換えの決心は殆ど付いております。
ま、1人もんですからね。 その辺は、多少無駄遣いした所で誰に文句を言われることも無いですしね。 気楽なもんですよね(笑)
基本的には、予算的なところはほぼクリアーしてますからね。 後は、最後の勢いをどう付けるかだけなんですけどね、ハッキリ言ってね(^^ゞ
−−−−−
営業佐藤さん(仮名)−以下「佐」
よしりん−以下「よ」
佐:どうでしょう、その後? いかがなもんでしょうか?
よ:ん〜・・・取りあえず、今日決まらなかったら車検通しますからね。
一応、はんこ持ってきてるから・・・ホントに、今日が最後ですよ。
佐:はい、わかりました。
よ:で、結局オデ吉・・・幾らで取ってくれるんですか?
佐:えーと・・・145万ですね。 これで、いっぱいいっぱいです。
よ:ほぉ〜、250万しない車で2年半乗ってその値段なら、結構良い条件なのかもしれないっすね。
佐:ええ、人気車ですからね。 白って事もありますし・・・
よ:で、毎度のことだけど・・・もう、細かい話は面倒くさいから、「トータルでこれ!」って、キリの良い値段出してくださいね。
佐:もちろん、もう長いおつき合いをさせていただいてますから・・・その辺は、ご期待に添えるお値段を出させていただきます。 もう、細かい話は抜きで5万単位でいきましょう。
よ:ですね。
−−−−−
てな具合に、商談開始・・・
世間話を織り交ぜつつ、夕方まで話し込む。
(途中、店長決済を取り付けるべく1〜2度佐藤氏は離席)
−−−−−
よ:このサンバイザー、いつも必ず見積に入ってるけど・・・こんなぷらっちっくの板っぺらにん万円もの値段が付いてるの腹立たしいから取っ払っちゃってくださいよ^^; あ、それと、フロアマットが「スポーティー」(3.9万円)になってるけど、どうせ直ぐ汚すんだから一番安いの(3.3万円)にして、それでその値段にしてくださいな。
佐:・・・ん〜、じゃ、取りあえずこれを除かせてもらって、上に話してきます。
〜数分後〜
よ:いかがなもんでしょ??
佐:ん〜、どうしてもいっぱいいっぱいです。この値段じゃないと・・・
(この値段=その値段+5万円)
よ:そうですか・・・ん〜・・・ちょっとそれじゃねぇ・・・
佐:じゃあ、リモコンポールを、固定式の方に変えて・・・どうでしょ??
よ:それは、絶対ダメ!^^; 固定式は格好悪いから、絶対にイヤです!
佐:そうですか・・・
〜数分お話が続く〜
よ:どうしても、その値段なら、さっきの元に戻してこの値段ですよ。
佐:いやいや、それもキツイですぅ〜・・・
これなら、この値段+サンバイザー代と・・・
よ:あ、ダメダメ・・・5万単位でしょ・・・
佐:そうですね・・・
よ:もうちょっと用品が付いてたら、引きやすい? ・・・やっぱり?
佐:そうですねぇ・・・そりゃ、そっちから引いた方がやりやすいです。
よ:んじゃ、ロアスカートでもひっ付けるかなぁ〜
佐:そうですね、よしりんさんなら後々きっと付けたくなるんじゃないですかね?
よ:あ、やっぱりそう思う? (^^ゞ
佐:後で付けるとなると、値引きもし辛いですから・・・どうせなら一緒に付けていただいた方がまとめて値引きの中に入れ込めますから・・・お値引もしやすいです。
よ:ん〜・・・でも、今回はもうのままなんもしないで乗ろうかとも思ってるんですけどね・・・なんか、色々付けちゃうとキリがないし・・・
佐:ま、無くてもデザイン的にはすっきりしてますけどね・・・付けたら付けたで、またちょっと違う雰囲気が出て良いと思いますよ。
よ:ん〜・・・
〜また、しばしお話が続く〜
よ:ん〜・・・んじゃ、ロアスカート全部工賃込みで15万くらいでしょ。
これ付けて、この値段+10万って所ならいけるでしょ?
佐:ええ・・・なんとか、なると思います・・・ちょっとお待ちください・・・
〜数分後〜
佐:じゃ、これで上の了承が取れましたので・・・
よ:あ、じゃ・・・これでお願いしましょうかね!
佐:ありがとうございます!
・・・お互い、ここで固い握手を交わす・・・(これ、いつものパターン(笑))

てな感じで、めでたくオデ吉君3世・・・契約いたしました・・・^^;
ん〜・・・なんか、ロアスカートなんぞまで付けちゃって、更に無駄使い??(笑)

注:文中に、この値段とか、その値段・・・とか、解りづらい表現をしておりますが、一応営業さんとの今後のおつき合いのこともございますのでね・・・ちょっと伏せてみただけです(笑)
2世の時もそうですが・・・なんか、もの凄い安く買った物と思われている方が多々お見受けされますが・・・ハッキリ言って、そこここの雑誌等で書き立てられる程の値引きもしてもらってまへんよ^^;
・・・一応、念のため言っておきますけどね(^^ゞ
第一、んな、ぷらっちっくのサンバイザーが云々みみっちいこと言ってまで安くして貰うくらいなら、2世をその辺の買い取り屋に持って言って、10万でも20万でも高く買い取って貰った方がなんぼか利口でしょ(笑)
んな、無理な値引きは強要してませんので、あしからずm(__)m
んじゃ、上に書かれてるやり取りって・・・何の為にしとるの??
・・・って、それは単にお買い物を楽しむためのやり取り・・・ただ、それだけ(笑)